脱毛方式から見る、アラフォー・アラフィフ世代が選ぶべき脱毛

介護脱毛を視野に入れたVIO脱毛はもちろん、「ついでに全身やっちゃおう」という人も少なくない、アラフォー・アラフィフ世代の脱毛。

昔とは違い今は複数の脱毛方式があって、サロンやクリニックごとにどの方式の脱毛器を入れているかが違います。

そのなかでアラフォー・アラフィフ世代に「向いている脱毛器」と、「避けたほうが良い脱毛器」があることに気づいたので記事にしてみました。

5種類プラスαの脱毛方式

脱毛業界は日進月歩。新しい技術を取り入れた脱毛器が次々に登場しています。

2020年では、主に6種類の脱毛があります。

  • ヤグレーザー脱毛
  • アレキサンドライトレーザー脱毛
  • 熱破壊式ダイオードレーザー脱毛
  • 蓄熱式ダイオードレーザー脱毛
  • 光脱毛
  • 針脱毛

この中でヤグとアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーは医療脱毛、光脱毛と針脱毛はエステサロンの脱毛です。

レーザー脱毛と光脱毛、針脱毛の違いは誰もが分かっていると思うので説明を省きます。ここで大事なのは、脱毛することでそれぞれどんな風に肌やムダ毛に影響するのかという点です。

ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー、熱破壊式ダイオードレーザー、光脱毛は、いずれも照射した光が毛穴の奥にあるメラニンまで届き、メラニンの黒い色に反応してメラニンを破壊する(光は削る)という方法で脱毛します。

メラニンは表皮からわりと深い場所にあり、それなりに強い光でないと毛穴の奥にあるメラニンまで届きません。そのため、例えばレーザーなら230度近い温度で照射することになります。

これまでこの方法での脱毛が一般的でしたが、2010年代後半に「蓄熱式ダイオードレーザー脱毛」という方法が登場します。

これは、表皮と毛穴の奥の間にあるバルジ領域という、毛を発育させる指令を出す組織を熱で壊すことで、毛が生えてこないようにするという脱毛方法です。

破壊したい組織がある場所が表皮のすぐ下にあるということ、そして比較的低い温度でも組織が破壊できることから、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛は65度という比較的低めの温度でレーザーを照射。そのため、肌への刺激が少なく痛みもほとんどないという新しい脱毛なのです。

アラフォー・アラフィフ世代におすすめなのは、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛

アラフォー・アラフィフ世代におすすめなのが、まさにこの「痛みが少なく肌への刺激も少ない」脱毛。

なぜかというと、年齢を重ねることで肌の内側にあるコラーゲンが減少し、肌の保水力が低下してしまいます。アラフォー・アラフィフ世代は若い頃と比べると肌自体が乾燥気味なのです。

毛穴の奥、毛根にあるメラニンを破壊したり削ったりする従来の脱毛方法は、温度が高い光を肌に照射するため肌の火傷リスクがそもそも高いです。さらに脱毛後は肌が軽くやけどしている状態になるため一気に乾燥します。

もともとやや乾燥気味の肌には、刺激が強すぎるのです。

また、年齢を重ねたことで皮膚が薄くなっている人も多く。若い頃であれば特に問題がなかった刺激も赤くなったりかゆくなったりしやすいというデメリットがあります。

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛は低い温度でレーザーを照射するため、脱毛後は肌が乾燥しますが、それでもアレキサンドライトレーザー脱毛や熱破壊式レーザー脱毛ほどのダメージがありません。

加齢により水分とコラーゲンを失っている肌に優しい脱毛なのです。

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛のメリット

  • 火傷のリスクが少ない
  • 肌へのダメージも少ない
  • 痛みがほとんどない

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛のデメリット

  • ムダ毛がゆっくり抜けていくので、1~2回の照射では脱毛効果が実感しにくい

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛は、アラフォー・アラフィフ世代だけでなく、アトピーやしっしんなどの肌トラブルがある人や敏感肌・デリケートな肌の人にも向いている脱毛です。

デメリットはただ1つ、「すぐには脱毛効果が実感できない」という点。ただし3回も照射をすると明らかに薄くなり、ほぼ自己処理不要となります。人によっては4回目の照射を終えたあとはほとんど生えてこなく「残りの回数は解約してもいいかな」と思うくらいに毛が減っていることを実感できます。

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器としてメジャーかつ有名なのがメディオスターNext PROという機械なのですが、メディオスターNext PROを導入している池袋のリアラクリニックで話をうかがったところ、「5回の照射で皆さん満足され、追加の照射を希望した人はこれまでいない」ということでしたので、痛みがなくてもほとんどの人が脱毛効果を実感していることがわかります。

アラフォー・アラフィフ世代におすすめ、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛できるクリニック

アラフォー・アラフィフ世代でも通いやすい、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛の機械があるクリニックをご紹介します。

新宿、横浜、池袋 ジェニークリニック

ソプラノ・アイスという脱毛器を用いて、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛を提供しているクリニックです。最近多い格安料金の医療脱毛と比較するとお値段が少し高めのため、学生よりも大人の女性が多く、アラフォー、アラフィフ世代の女性でも通いやすいクリニック。

丁寧な施術と感じの良い対応も評判がよく、満足度が高いクリニックとして知られています。

ジェニークリニック公式サイト

銀座 ウィクリニック

2019年に銀座に新しくオープンしたクリニック。脱毛料金が安い割に対応が良く、コスパの良いクリニックとして人気があります。銀座という立地もアラフォー・アラフィフ世代には「〇〇のついで」として通いやすく、便利なのでは。

脱毛自体の金額は安いのですが、ウィクリニックは美顔・エイジングケアにも力を入れており、アンチエイジングで通うアラフォー・アラフィフ世代の女性もいるので脱毛で通っても悪目立ちしません。

ウィクリニック 脱毛料金表

ウィクリニック 脱毛料金表

ウィクリニック VIO

今なら全身脱毛プレミアム137,000円(5回)を申し込みと、リフトアップの美顔施術ハイフが1回無料で体験できるのでとてもお得です。

ウィクリニック公式サイト

南青山 HAABビューティークリニック料金表

業界最安値に挑戦しているクリニックで脱毛料金がとにかく安いのが特長。カロンという脱毛器を使用しており、バルジ領域に働きかける「痛くない」脱毛です。脱毛のほか、シミ取りやしわ取り、ハイフなど多数のアンチエイジング・美顔の施術も提供しています。

全身脱毛はもちろん、VIO脱毛も格安料金です。

HAABビューティークリニック料金表

HAAB ビューティークリニック

横浜・名古屋 メアリクリニック

横浜と名古屋で「安くて対応がいいクリニック」として知られている地元で有名な脱毛専門のクリニックです。5回と3回のコースがあるので「今よりもう少しだけ薄くしたい」「他で脱毛をしていた経験があるから、5回は不要」という人にもおすすめ。

メアリクリニック料金表

メアリクリニック公式サイト