全世代向け医療脱毛情報サイト「脱毛部」

本当に役立つ医療脱毛体験レポ「エッ、そうなの!?」な情報満載!

脱毛はもはや常識、メイクと同じくらい当たり前の身だしなみになっています。脱毛に興味がある、やったことがある、できればやりたいという人がほとんどです。

ところが実際に脱毛に通おうとすると、サロン・医療脱毛含めてとても数が多いうえ、それなりにお金もかかるので「どこがいいのか分からない……」と悩んで立ち止まってしまいがち。

「毎年夏前になると脱毛に通いたいと思いつつ、結局どこに行くか決められずに時間だけが過ぎていく」という話も珍しくありません。

そんな中、「どこの脱毛に行くか」選びに非常に役立つリアルな情報を配信するサイトが注目を集めています。

実際に訪れて脱毛を体験、体感したからこそわかるリアルな口コミ

脱毛部 & Woman’s Lifeは、脱毛情報を始め、美容健康情報や女性の働き方、仕事情報などを幅広く扱う「女性のための情報サイト」。特に脱毛部による脱毛情報が充実しています。

そのなかでも面白いのが「脱毛体験レポ」

脱毛部の部長と部員たちが、実際に脱毛サロンや医療脱毛クリニックを訪れてカウンセリングや脱毛を受けた体験を赤裸々に語っています。

脱毛情報を扱うサイトは多けれど、ネットで調べてきた情報を集めてきたようなコピペサイトが大半を占める中、脱毛部の体験レポは、行った人しか分からない「ここだけの話」が満載で読み応え抜群。

例えば、興味はあるけれど手を出すのにちょっと躊躇し、なかなか友人にも聞きにくいVIO脱毛についてもかなりリアルに触れられていて

「VIO脱毛ってこういう感じなんだ……!」

と、いろいろな意味で目からウロコ。

【体験レポ】クレアクリニックでVIO脱毛!文句なしに最高でした💓

ちょっと他の脱毛情報サイトには載っていないような、リアルな情報がこれでもかと溢れているのです。

「いったい、何時間カウンセリングで話したの?」

とツッコみを入れたくなるくらいの情報が盛り込まれているカウンセリング&お試し脱毛体験レポもあり、まるで自分がそのクリニックでカウンセリングを受けたかのような臨場感。

【体験レポ】リアラクリニック池袋院、東京で最高の医療脱毛かも!

部長を始め部員の皆さんたちは、家庭用脱毛器を試し、脱毛サロンで脱毛し、医療脱毛で脱毛し、とあらゆる脱毛を試している脱毛のプロばかりで、かゆいところに手が届くような情報が満載です。

どちらかというとサイト全体に漂うなクールで厳しい視点。素晴らしい対応やサービスをしている脱毛サロンやクリニックはきちんと評価していますが、「ここはちょっと……」と感じたであろうところは容赦なく辛口で評価しており、そういう点からも信頼でき、参考になる情報ばかりです。

読みやすくてツッコんだ情報ばかりな理由

明らかに他の脱毛情報サイトとは情報量や信用度が違う「脱毛部」。カウンセリング時にカウンセラーと話している内容もかなりツッコんでいて、「普通、ここまで聞けないよな」と感じます。

その理由を探ってみると、どうやら脱毛部の面々はプロのライター集団だそう(一部、他の職業の人も)。

普段から取材を多数こなしているメンバーもいるようで、だからこその「知りたいことが分かる」「痒いところに手が届く」内容なのです。

さらに、ポリシーとして「何でもかんでもおすすめしない。親友に自信をもって紹介できるかどうかを判断基準にする」そうで、そういう意味でも本当に参考になる、価値のある情報が集まっているサイトだと言えます。

つまり、脱毛部で辛口レビューされているところは「親友にはすすめたくない」ということ。記事を読むと、なんとなく察することができます。

脱毛に関する「これってどうなの?」が分かる

「脱毛部 & Woman’s Life」では、体験レポ以外の情報も豊富です。

たとえば少しでも安く脱毛をしたい人の場合「医療脱毛よりサロンのほうが安いけれど、サロンでも大丈夫かな」「どこかに高いお金を払って通うより、脱毛器を買って家でセルフ脱毛したほうがお得なのでは?」と思うことが多いのですが、そこにもしっかり言及されています。

家庭用の脱毛器ってどのくらい効果があるの?おすすめできる?

また、医療脱毛では同じ機械を使っているのにクリニックよって脱毛の回数の設定が違うことに迷う人もいるのでは。いったいなぜ回数が違うのか、どの回数を選べばいいのか悩む人も多いでしょう。

その「なぜ」にも鋭くメスを入れており、「この情報を知る前に契約しなくて良かった」と思える、ある意味「ヤバい」ネタにも容赦なく切り込んでいます。

医療脱毛って何回やれば終わる?必要回数は?脱毛の真実、教えます

なかなかここまで踏み込んだ情報を知ることがないので、驚く反面、どうやって契約するところを見つければいいかが分かるので役立ちます。

キレイを極めたい若い世代はもちろん、介護脱毛という言葉も登場するほど中高年女性にも脱毛の需要が高まっています。

脱毛に興味がある、いずれやりたいと考えている人は必読です。

脱毛部 & Woman’s Life