デリケートゾーンの黒ずみはどのくらい?どのくらいで治る?調べた結果

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るか、気になる人は多いのではないでしょうか。「夏に間に合わせたい」、「旅行までには美白したい」など「いつまでに」の希望があるからです。

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいで治るかについての「答え」は、「デリケートゾーンの現在の黒さ」にもよって変わります。

自分のデリケートゾーンの黒ずみは平均値よりも黒いのかどうかについては、皮膚の色もあり個人差があります。

そのため、一概に、デリケートゾーンの黒ずみ改善をするために何日必要とは言い切れません。また、治療法によって、即効性があるもの、肌のターンオーバーを考えながら地道に行っていくものと違いがあります。

デリケートゾーンの平均の色がどのくらいかを把握してからケアすることで、デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいの期間で治るのかがわかります。

参考にしたサイト:
デリケートゾーンの黒ずみってどのくらい?みんなの平均の色

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいの色なのかを確認しよう!

ネットで調べたところ、デリケートゾーンの色の平均値は、ピンクがかった色の肌色を選ぶ人が多かったです。

具体的に何色かを言い表すのが難しいのでpantone(パントン)の色見本で表します。465C、4655Cが近い気がします。肌色は148Cや156Cなどのほか、イエロー系もピンク系統の色もありますが、それよりも少しくすんだ「ダスティカラー」と呼ばれる暗い色みが平均です。

ただ、色見本は肌のキメや質感などは表せないので、色だけを見ても、自分のデリケートゾーンの色が全く一緒かピンと来ないこともありえるでしょう。

基本の色を見て落ち込む人もいるかもしれませんが、その必要はありません。その理由は、人によって肌の色が全然違うからです。肌の色がもともと黒い地黒の人だと平均よりも濃くなります。

日本人は黄色人種ですが、白人、黒人と人種が違えばデリケートゾーンの色さえ違います。生まれつきの肌の白さもありますから、気にしすぎもよくありません。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治る?

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいで治るかは「デリケートゾーンの黒ずみのケア方法で変わる」といえます。

例えば、黒ずみケアで美容皮膚科や皮膚科に通うとしても、対処法をどうするかでどのくらいの期間で治るのかが変わります。

美容皮膚科や皮膚科ではレーザー治療のほか、あまりにデリケートゾーンの黒ずみがひどい場合は大陰唇(だいいんしん)や小陰唇(しょういんしん)の縮小手術を行います。ダウンタイムがありますが、縮小手術をしてしまえばひだ部分の黒ずみがなくなるわけですので、デリケートゾーンの黒ずみは全く気にならなくなり、短期間でケアできるというわけです。

皮膚科や美容クリニックでのデリケートゾーン黒ずみの治療には、以下のような方法があります。

  • インティマレーザー
  • レーザートーニング
  • ケミカルピーリング
  • 塗り薬

どのくらいの期間がかかるかについては、インティマレーザーの方が短期間、塗り薬の方が長期間です。

そのほか、クリームを塗ってデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法もありますが、こちらはかなり長期間かかります。

デリケートゾーンの黒ずみをセルフケアすると解消に長期間かかることが多い

デリケートゾーンの黒ずみの対策は、一般的にセルフケアだと時間がかかりがちです。デリケートゾーン専用の商品はいくつかあります。

  • クリーム
  • 石鹸
  • 市販薬

美容皮膚科や皮膚科に行かなくてもできるため人気ではありますが、平均で6ヶ月から10ヶ月はデリケートゾーンの黒ずみ解消に時間がかかってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいの金額で治せる?

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいの金額で治すことができるのか調査しました。

インティマレーザー

1回あたり10万円~20万円かかります。デリケートゾーンにレーザーを照射し、メラニンを外に出していくことで黒ずみを改善させます。
大陰唇は5分間1回の照射でも効果が感じられます。小陰唇も3回ほどで効果を感じられます。
ゴムを弾くような痛みがあるものの、局所麻酔で痛みも和らぎます。
1週間に1度の通院で約1ヶ月で効果を実感できます。

レーザートーニング

1回あたり約1万円、5回~10回で効果を実感できます。
レーザー照射ではあるものの、インティマレーザーより痛みが少なく、麻酔なしでできることもあります。ダウンタイムもほぼありません。

ケミカルピーリング

1回あたり5000円~と安価です。1週間に1度、3回~5回で効果が出るため、1ヶ月程度の通院です。
薬剤を対象の部位に塗り、3分程度浸透させたら濡れたコットンで薬剤をふき取ります。薬剤の塗布とふき取りを繰り返したら、最後に保湿します。

塗り薬

ハイドロキノンは3,000円程度、トレチノインは5000円程度の価格で、レーザー治療とも並行して行えます。
長期的な治療が必要で、平均して8ヶ月から10ヶ月ほどかかります。
肌のターンオーバーを計算しながらデリケートゾーンに美白有効成分配合のクリームを塗ります。クリームを塗ることで、保湿され、乾燥による黒ずみがよくなります。

デリケートゾーンの黒ずみケアはどのくらいの期間・金額で治したいかで決める

デリケートゾーンの黒ずみケアはどのくらいの期間や金額で治したいかで、取れる方法が違います。

黒ずみ解消にかかる期間は、短いものだと1ヶ月程度から効果が出てくる施術方法があります。また、金額はデリケートゾーンの黒ずみケアクリームなどのセルフケアが一番安いです。ただし、時間がかかります。

デリケートゾーンの黒ずみを治したいと思っても、予算や期間によってアプローチが違うので、自分には何がふさわしいのか考えてみてください。